散歩でパチリ

69530
散歩途中の写真と、その時々の独り言
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

中途半端 - 竹峰

2021/12/07 (Tue) 14:04:44

パノラマに嵌ってるわけじゃないが、一寸試してみたい事はある。
それで土手の桜並木で縦位置のをやったら、プレビュー画面で公孫樹の葉の形になった。

保存すると中央部分を長方形に切り取って上の方が不自然に伸びきってる。
これじゃ駄目だ。
伸び縮みを修正しないのなら、プレビュー画面の扇型のままで保存して欲しいものだ。

Re: 中途半端 - 竹峰

2021/12/07 (Tue) 14:16:58

このソフトはその写真に合った投影法を自動的に選択して適用するそうだ。

扇型のままならそれでもいいのだろうが長方形にすると不自然なのでプレビュー画面で他の投影法を試してみた。

ニ三やった内では「魚眼」というのがましだ。
縁に継ぎはぎの跡が出てるがそれを避けて切り取ると狭まってしまうので、まあこれでもいいかとそのまま。

残照 - 竹峰

2021/12/06 (Mon) 12:30:27

家と家の間から夕日が見えたので、久しぶりに撮ってみようかと開けた所へと急いだ。
このところ腰が痛くて速くは歩けない、やっと着いた頃にはもう太陽は落ちていた。

それでもいいやと残照の空を二枚写した。
あとでその二枚を繋げたがどうもピンとこないな。
原則はやはり一枚か、パノラマにすりゃいいってもんでもないらしい。

縦もつながった - 竹峰

2021/12/05 (Sun) 13:16:23

パノラマのソフトの作品集を見たら縦型や360度のパノラマ写真が載ってた。
何だ縦もできるんじゃないか、なんで駄目だったのかな。

それで試しに縦一行だけで、それも重なる部分が多くなるように撮ってみた。
そしたらスーッと繋がった。

繋がったはいいけど、やっぱり横にももう一枚か二枚程度の広がりが欲しいな。

細い道 - 竹峰

2021/12/04 (Sat) 15:26:10

公園の細い道を歩いていて、振り返ると夕日が射している。
さらに進むとその先は墓地だ。

この山の周囲を昔っからの集落がぐるりと取り囲み、それぞれの墓地がある。
墓地と下の部落は獣道のような細い道で繋がっている。

以前は墓地の写真を撮ったりしたこともあったが何時の頃からかやめた。

パノラマの景色 - 竹峰

2021/12/03 (Fri) 13:49:32

パノラマ写真は横に繋げたのが多いが縦に繋げてもよいだろうと思う。
それで散歩がてら雑木林へ行ってみた。

縦横三枚づつ九枚撮ってパノラマ合成をしたら上手く行かなかった。
縦には対応してないのかな、あっても良さそうなのに。

念のために横組みの写真も撮っておいた、それはうまく行った。

もったいない - 竹峰

2021/12/02 (Thu) 11:58:01

散歩をしていると柿がよく目につく。
畑の縁とか屋敷の片隅とか。
その柿が木に生ったまま冬を迎える。

渋抜きをしたり干し柿にして食べるとおいしいのに。
以前は漬物にも入れていたと聞いたこともある。
その柿を今はどうして食べなくなったんだろう。

明治時代の曲屋 - 竹峰

2021/12/01 (Wed) 15:23:32

農業科学館(大仙市)に移設された田沢湖町の山間部にあった古民家。
いい雰囲気だなと思って写してきた。

腰に手を回して歩む人物がなんとも言えない。勿論見学者なんだろうけど。
これを撮ってから、もうかれこれ十五六年にもなる。

何だこれ! - 竹峰

2021/11/29 (Mon) 16:39:08

これは平成16年の10月、山寺で。
長い階段をふうふう言いながら登ってゆくと、傍らの大きな公孫樹の幹に一円玉がこんなに一杯。

これもお賽銭のつもりなのかな、それにしても一円ばっかり。
こんなのを見るのは初めてなので何はともあれ撮ってきた。
あれからしばらく経つけど、今はどうなってるんだろう?。

かなり古い写真 - 竹峰

2021/11/28 (Sun) 13:30:55

もう随分前、そう平成15年の7月に三陸海岸をドライブした帰り道での写真。
夕方の仙岩峠で撮ったものだ。

なんとも素朴だが、見てるとハミングでもしたい気分になる。
当時のデジカメの画素数は少なく写真のサイズもこの程度、それでも満足していたなー。

冬にまっしぐら - 竹峰

2021/11/27 (Sat) 15:03:45

昨日、スーパーに行くときに雪が降った太平山が見えた。
その帰り道、短時間ではあったが霰が降った。
舗装の上に転がると霰はほんの数秒で溶けて消えてしまう。

今朝は屋根の上にうっすらと雪が積もっていて、それも間もなく消えた。
空模様は慌ただしく、一時日が射したと思うと俄に曇って雨が降り出す。
そんなことを終日繰り返している。

11月もあと数日、冬に向かってまっしぐらと言ったところだ。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.